驚き!チョコレートもコレステロールを下げる!

Written by nb-yingchang.com on 2018年10月22日

ちょっと意外かもしれませんが、スイーツの代表選手
であるチョコレートが、コレステロールを下げる食品
として効果的だと注目されているんです。

でも、なぜ、チョコレートがコレステロールを下げる
食品だと言われているのでしょうか?

チョコレートなら、何でも効果的なんでしょうか?

この記事では、チョコレートのことについて詳しく調べ、
まとめました。

コレステロール値が高いと指摘されて心配だけれど、
ケーキや甘いものをなかなか止められないという方、
ぜひご覧いただき、参考にされて下さい。

◆コレステロールを下げる食品としてチョコレートも効果的

◇カカオのポリフェノール

チョコレートを食べると、コレステロール値を下げる
ことができると言われていますが、なぜなのでしょうか?

それは、チョコレートがカカオで作られているからです。

カカオにはポリフェノールがたくさん含まれていますが、
それが、コレステロールを下げる働きをしてくれるのです。

ポリフェノールとは、植物に含まれる天然成分のことで、
渋みや苦みを出すものです。

人間が食事としてポリフェノールを摂取すると、抗酸化作用を
発揮して、老化の原因となる活性酸素の働きを抑制して
くれるため、健康や美容、アンチエイジングに効果的だと
話題となっていますよね。

チョコレートの原料となるカカオ豆には、このポリフェノール
がたっぷり含まれていますので、コレステロールを下げる
食品として効果的だと言われているんですね。

悪玉コレステロールを減らすのはもちろん、善玉コレステロール
を増やす働きもあるそうなので、非常にお勧めです。

◇食べたいチョコレートの種類は?

でも、甘くて美味しいチョコレート、どんなものでも
効果的なのでしょうか?

砂糖やミルクたっぷりの甘いチョコレートを食べると、
太ってしまい、余計にコレステロール値が上がって
しまうのではないか?と思われる方が多いでしょう。

確かに、砂糖やミルクたっぷりのミルクチョコレート
などを食べても、コレステロールは下がらないどころか、
太ってしまうでしょう。

肥満になると、コレステロールも高くなる原因になるので、
控えた方が無難です。

コレステロールを下げる食品として効果的だとされる
チョコレートは、カカオ含有量の多い、いわゆる、
ハイカカオタイプです。

近年では、ダイエット効果もあると話題になっていて、
カカオ豆50%とか70%とか、ハイカカオチョコレートが
スーパーやコンビニなどでも市販されていますよね。

最初は、ちょっと苦くて食べにくいと感じるかも
しれませんが、慣れてくると、意外と濃厚で味わい深く、
ハイカカオチョコも美味しいんですよ。

量としては、板チョコの半分くらいで、コレステロールを
下げる食品としての効果を発揮してくれうそうです。

コレステロール値が高いけれど、甘いものがなかなか
止められないという方には、もってこいのスイーツですよね。

健康効果、美容効果、コレステロール値を下げる効果を持つ
ハイカカオチョコレート、とてもお勧めです。

ちょっと意外かもしれませんが、スイーツの代表選手
であるチョコレートが、コレステロールを下げる食品
として効果的だと注目されているんです。

でも、なぜ、チョコレートがコレステロールを下げる
食品だと言われているのでしょうか?

チョコレートなら、何でも効果的なんでしょうか?

この記事では、チョコレートのことについて詳しく調べ、
まとめました。

コレステロール値が高いと指摘されて心配だけれど、
ケーキや甘いものをなかなか止められないという方、
ぜひご覧いただき、参考にされて下さい。

◆コレステロールを下げる食品としてチョコレートも効果的

◇カカオのポリフェノール

チョコレートを食べると、コレステロール値を下げる
ことができると言われていますが、なぜなのでしょうか?

それは、チョコレートがカカオで作られているからです。

カカオにはポリフェノールがたくさん含まれていますが、
それが、コレステロールを下げる働きをしてくれるのです。

ポリフェノールとは、植物に含まれる天然成分のことで、
渋みや苦みを出すものです。

人間が食事としてポリフェノールを摂取すると、抗酸化作用を
発揮して、老化の原因となる活性酸素の働きを抑制して
くれるため、健康や美容、アンチエイジングに効果的だと
話題となっていますよね。

チョコレートの原料となるカカオ豆には、このポリフェノール
がたっぷり含まれていますので、コレステロールを下げる
食品として効果的だと言われているんですね。

悪玉コレステロールを減らすのはもちろん、善玉コレステロール
を増やす働きもあるそうなので、非常にお勧めです。

◇食べたいチョコレートの種類は?

でも、甘くて美味しいチョコレート、どんなものでも
効果的なのでしょうか?

砂糖やミルクたっぷりの甘いチョコレートを食べると、
太ってしまい、余計にコレステロール値が上がって
しまうのではないか?と思われる方が多いでしょう。

確かに、砂糖やミルクたっぷりのミルクチョコレート
などを食べても、コレステロールは下がらないどころか、
太ってしまうでしょう。

肥満になると、コレステロールも高くなる原因になるので、
控えた方が無難です。

コレステロールを下げる食品として効果的だとされる
チョコレートは、カカオ含有量の多い、いわゆる、
ハイカカオタイプです。

近年では、ダイエット効果もあると話題になっていて、
カカオ豆50%とか70%とか、ハイカカオチョコレートが
スーパーやコンビニなどでも市販されていますよね。

最初は、ちょっと苦くて食べにくいと感じるかも
しれませんが、慣れてくると、意外と濃厚で味わい深く、
ハイカカオチョコも美味しいんですよ。

量としては、板チョコの半分くらいで、コレステロールを
下げる食品としての効果を発揮してくれうそうです。

コレステロール値が高いけれど、甘いものがなかなか
止められないという方には、もってこいのスイーツですよね。

健康効果、美容効果、コレステロール値を下げる効果を持つ
ハイカカオチョコレート、とてもお勧めです。

Tags: , ,

Continue Reading